馬籠宿の観光の際のお食事、軽食、お土産は馬籠館へお越しください。駐車場完備。

スタッフブログ

歌川広重
2014年03月31日

昨日の嵐とは打って変わって、春の日差しで一杯の馬籠宿でした。

梅の花の香りがあたり一杯に漂い始め、小鳥達はこのうえなくラブリーな囀りをして遊んでいます。

そして多くの外国からの個人旅行のお客様も中仙道を歩いて、馬籠にいらっしゃる様になりました。

 

江戸ロマン溢れる中仙道木曽路11宿の旅路の途中で、ちょっと一服、江戸時代の当時の庶民の暮らしが生き生きと描かれた浮世絵の鑑賞ははいかがでしょうか?

 

木曽路11宿より京都方面の美濃路の大井宿(現在の恵那市大井町:JR恵那駅下車)には、19世紀のフランスの印象派の画家達やアール・ヌーボーの芸術家達に多大な影響を与え、当時から現代に至るまで続くフランスのジャポニズムの流行の発端にもなった、「歌川広重」の浮世絵コレクションを所蔵する「中山道広重美術館」があります。

歌川広重の浮世絵から遠近法の影響を強く受けたゴッホが広重の作品を模写をした作品もいくつかありますが、このゴッホの模写はオランダのゴッホ美術館で鑑賞できます。

 

江戸時代に優れた描写力を持つ絵師達によって、丹念に描かれた美しい色彩の浮世絵を見ていると、いつのまにか江戸時代ににタイムスリップしていく様な感触に襲われます。

今年は、名古屋市のボストン美術館での「北斎展」に続いて名古屋市博物館で「国際浮世絵学会創立50周年記念展 大浮世絵展」が開催されていて、江戸時代を「絵」で感じる機会に恵まれています。

 

歌川広重は多くの作品を残していますが、中仙道を描いたシリーズに「木曽街道六十九次 揃物」があります。

木曽路の素朴さをシンプルな構図で描く事で、当時の様子をよく感じる事ができます。

 

木曽路11宿への旅路の行程に馬籠宿からもう少し美濃路まで足を伸ばして、江戸ロマンな浮世絵を楽しみませんか?

P1040343

P1040348

P1040328

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問合せ・ご相談を承ります。お気軽にご連絡ください。

Honda Dogにも掲載されています!

世界に響く木曽の木地師の技

このページのトップへ
馬籠館

馬籠館 〒508-0502岐阜県中津川市馬籠4571-1 
TEL:0573-69-1111 FAX:0573-69-2746 お電話対応時間/9:00~17:00 年中無休