馬籠宿の観光の際のお食事、軽食、お土産は馬籠館へお越しください。駐車場完備。

スタッフブログ

馬籠、馬篭、馬込、magome?
2014年06月20日
から梅雨が続いていますが、まだ木陰は過ごし易く感じられます。 明日、明後日は曇りがちの様ですが、お出かけには良いかもしれません。   さてお出かけとなると、行き先の情報をネットで少し調べる方がほとんどだと思いますが、地名の漢字をどんな字で入力しようかな?と迷う事があります。 例えば「馬籠」は「馬篭」とか関東の方は東京の「馬込」と同じ様に入力される事が多いと思います。 その他「magome」とアルファベットで打ったり、「馬子」「馬米」と適当に入れて見て何がでるか?を楽しみに待つ方もいるのではないでしょうか? 正解は「馬に籠」で「馬籠宿」です。   また、馬籠宿を以前に訪問された事があり、馬籠館の事を覚えていて下さった方は「馬籠館」「そば まごめや」と検索される方もいらっしゃると思います。   「まごめや」もしくはアルファベットで「magomeya」と検索するとhttp://magomeya.co.jpという広告が一杯のページに辿りつくと思います。 そうして?????となってしまったら、「馬籠館」で検索しなおして下さいね!   入力間違いというヒューマンエラーは、時として「偶然の必然」となった事がある方も多いと思います。 そうやって「運命」を感じて?旅先を見つけるのも今時の旅なのかもしれません。 時には「寄り道」をするのも悪くないものです。   中山道は江戸時代に「歩いて」旅をするのに作られた道です。 往時の宿場や見所、峠の茶屋の様な場所が、寄り道をしながらゆっくりと旅するのにはちょうど良い間隔であります。 都会の忙しい時間の過ごし方から、自然の風の様なゆっくりとした時間の過ごし方を木曽路旅でされませんか? そんな旅の途中でのお食事や休憩は、馬籠館の「そば処まごめや」や「喫茶 籠」でどうぞ! P1060059 P1060082 P1050205            

お問合せ・ご相談を承ります。お気軽にご連絡ください。

PDFをご覧になるには Acrobat Reader(無償)が必要です。
ダウンロードは以下アイコンをクリックください。

Honda Dogにも掲載されています!

世界に響く木曽の木地師の技

このページのトップへ
馬籠館

馬籠館 〒508-0502岐阜県中津川市馬籠4571-1 
TEL:0573-69-1111 FAX:0573-69-2746 お電話対応時間/9:00~17:00 年中無休