馬籠宿の観光の際のお食事、軽食、お土産は馬籠館へお越しください。駐車場完備。

スタッフブログ

三留野宿
2014年07月14日

梅雨はまだ明けない様でぐずぐずとした空模様です。

馬籠宿界隈では12日に鮎の友釣りが追加解禁された河川が多くあります。

とはいえ・・・やや川の水は増水しているのでまだアユ釣りはお預けの様です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さて、先日発生した木曽路「三留野宿」南木曽町での土砂災害のその後についてのお知らせです、

 

現在国道19号線の通行止め区間は解消されていますが、大雨が降った場合等は再度通行止めになる場合があるそうです。

道路状況等、詳しくは「飯田国道事務所」のHPでご確認できます。

 

JR中央線は坂下駅ー野尻駅区間で7月14日月曜日よりバスの代替え輸送が始まりました。

但し、あくまでも「地元の方の足」として通常の鉄道運賃で利用を前提とした代行バスだという事です。

詳しくはJR東海HP →ニュースリリース一覧表示 →最新のリリース一覧

→2014年7月13日リリースのニュースの最下段 →中央本線被災に伴う今後の運転計画について、を参照して下さいとの事です。

(日本語のみ。英語の案内無。またJR東海→ENGLISHのページ内でも英語案内無)

 

また現在「木曽路フリー切符、及び木曽路エンジョイチケット」の発売は中止となったそうです。

(7/14 JR東海に確認)

 

鉄道についての英語での問い合わせはJR東日本050−2016−1603、JR西日本のお問い合わせ窓口0570−00−2486のみとなり、JR東海の問い合わせ窓口は日本語のみの対応となるそうです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12日の土曜日の夕方に三留野宿(南木曽駅付近)を車で通りがかりました。

災害現場近くになると、木曽川に木の皮が完全に向かれてしまった沢山の桧が散乱していました。

生木の皮が剥がれた状態なので、あたり一面は桧の強い香りに包まれていました。

既に木曽川の川岸を通っている国道19号線に押し寄せていた土砂は撤去されていましたが、町中の後片付けはこれから、という感じでした。

土砂災害が発生した沢は普段ならば本当に小さな沢で、この狭い沢を900mの高さから土砂が一気に下ったと思うと、その破壊力はすざましかったのだと思います。

これからも大雨の時の心配はまだまだ続くと思います。

 

妻籠宿から先、野尻宿までの木曽路の旅については、現地へ状況をご確認下さい。

御岳山、塩尻、へ車両で向かわれる方は天候の急変時には特にご注意下さい。

P1010077

 

 

お問合せ・ご相談を承ります。お気軽にご連絡ください。

Honda Dogにも掲載されています!

世界に響く木曽の木地師の技

このページのトップへ
馬籠館

馬籠館 〒508-0502岐阜県中津川市馬籠4571-1 
TEL:0573-69-1111 FAX:0573-69-2746 お電話対応時間/9:00~17:00 年中無休