馬籠宿の観光の際のお食事、軽食、お土産は馬籠館へお越しください。駐車場完備。

スタッフブログ

あじさい
2014年07月03日

7月になると「大雨」が降り始めます。

ひっくり返った様な雨が全国のどこかで降る様になりますが、土砂災害や道の通行止めが発生する時期です。

道中の交通情報や天気の急変にご注意下さい。

雨が小降りの時や曇り空の下では、アジサイの花が見頃になってきました。

山あじさい、ガクあじさい、代わり咲きのあじさい等が馬籠宿のあちこちに見られます。

 

幕末から明治初期に日本に滞在し、沢山の日本原種の植物をヨーロッパに紹介をしたシーボルトはアジサイを特にお気に召した様です。

アジサイに学術名を与える際に自分の子供の名前を入れ「おたくさ」として命名しています。

そして今ではアジサイはイタリアの様な南ヨーロッパで、この時期に日本と同様に美しい花を咲かせています。

 

また、最近ではスモークツリーもアジサイと組合わせて植栽すると見栄えがするので、和風な雰囲気の民家の庭先で見かける様になりました。

 

江戸時代、そして明治時代以降、そして現代では中山道の街道沿いに咲く花も随分と違うのではないかと思います。

 

島国の日本では古代から「珍しい物」として海外の動植物がそれぞれの時代の権力者に奉納され、それが種を実らせたり、根を下ろしたりした物が、旅人によって故郷に持ち帰られ広まっていったのだろうと思います。

現代の中山道ではイングリッシュガーデンで植栽される様な花や木も民家の庭先で見かける様になりました。

道端に咲く花からも時代の移り変わりを感じます。

人が住み、人が歩く街道では、旅人にちゃっかりついて新しい種類の花が木曽路に静かに広がって行く様です。

 

雨が上がった後の中山道沿いの森は、木々の良い香りがします。

そんな自然からの贈り物を楽しみながら、馬籠散策をお楽しみ下さい。

雨が降って来たら、馬籠館の各店舗でお土産探しや、喫茶、お食事でお雨宿りをどうぞ!

P1060131

P1050584

 

P1060031

お問合せ・ご相談を承ります。お気軽にご連絡ください。

Honda Dogにも掲載されています!

世界に響く木曽の木地師の技

このページのトップへ
馬籠館

馬籠館 〒508-0502岐阜県中津川市馬籠4571-1 
TEL:0573-69-1111 FAX:0573-69-2746 お電話対応時間/9:00~17:00 年中無休