馬籠宿の観光の際のお食事、軽食、お土産は馬籠館へお越しください。駐車場完備。

スタッフブログ

草刈り
2014年06月09日

シャリイイン・・・と草刈りの音が馬籠宿界隈のあちこちで聞こえます。

一気に伸び出した草は草刈りをしても草刈りをしても、また直に伸びてきます。

 

そんな草刈りをする人が頭に被っている物をみると・・・半分ぐらいの人は伝統的な「桧笠」を被っています。

こういった作業にぴったりな、いかにも伝統的な木曽路っぽい姿です。

 

カウボーイハットを粋に被っている人もちらほら。

アメリカの西部開拓史に出てきそうな雰囲気です。

どちらのかぶり物も頭のてっぺんからの高さがあるので、作業中涼しそうです。

その他「野球帽」や「バンダナ」、「タオル」、変わったところでは「レゲエ風」の方もいます。

草刈りをされているのは男性の方がほとんどですが、皆さんさりげなくお洒落にも気を配われている様です。

 

桧笠を被られて田の仕事をされている方がいると、海外からのお客様は「OH!」と皆さんカメラを取り出して撮影されている様です。

きっと「アジアのエキゾティックジャパン」の雰囲気満載の絵になる風景なのだと思います。

山間に広がる棚田が残る夏の木曽路や中山道は、「日本はアジアの国」を感じさせてくれる場所なのだと思います。

そしてその景色は私たち日本人にとっても「懐かしくて、ずっとそこにいたい」と思わせるやさしい風景でもあります。

 

そんな景色に包まれていると、その景色の中の「暮らし」が気になり、「ちょっとお邪魔したい・・・ちょっと昔の暮らし風を体験してみたい・・・」と皆さん思われるのではないでしょうか?

日本の地方にはその土地に伝わる「おとぎ話」や「昔話」が伝えられています。

そのお話を読んで見ると、その地方の昔の庶民の暮らしぶりがよく分かります。

 

恵那山麓地域の昔話しを集めて情報を公開されている「恵那山ねっと」の歴史・文化の項目の中に「東美濃の昔話」と「中津川の昔話」が沢山集められています。

馬籠宿界隈の「神坂」エリアの話もいくつかあるので、馬籠宿散策の後でゆっくりお茶を飲んだりかき氷をを食べながら、スマホ読書はいかがでしょうか?

どうぞ、忙しい都会での日常を暫し忘れて、昔ロマンの時間をお過ごし下さい。

P1050876

P1050787

P1050675

 

 

 

お問合せ・ご相談を承ります。お気軽にご連絡ください。

Honda Dogにも掲載されています!

世界に響く木曽の木地師の技

このページのトップへ
馬籠館

馬籠館 〒508-0502岐阜県中津川市馬籠4571-1 
TEL:0573-69-1111 FAX:0573-69-2746 お電話対応時間/9:00~17:00 年中無休