馬籠宿の観光の際のお食事、軽食、お土産は馬籠館へお越しください。駐車場完備。

スタッフブログ

サクランボ
2014年06月02日

黄金色になった麦穂がゆれています。

じゃがいもが可憐な花を咲かせています。

小さな熟したサクランボを沢山実らせた大きな山桜の木に、猿の群れが何匹も登って、むしゃむしゃ。

車で通りがかっても、逃げるの面倒・・・という感じで「仕方なく」どいてくれました。

馬籠宿界隈ではどちらかというと、人間が自然の中にちょっとおじゃまして住んでいる感じがします。

そしてこんなに暑くても、朝晩は本当に快適に過ごせる場所でもあります。

 

今日は久しぶりに仕事が終わった後、夕暮れ間近の馬籠宿をずいぶん時間をかけて、ゆっくりと歩いてみました。

夕方の馬籠宿は、どこか夢の中で出会う景色の様な感じがします。

このドリーミーな感じの時間と空間の中に身を置いていると、まだここには江戸時代のエネルギーが道に刻まれて残っている感じがします。

どこかに異空間へ繋がる「扉」があって、そこから江戸時代の風が吹き込んでいるのかな?と思う程です。

 

夕暮れになると、ほとんどの店は締まり、人工的な人間の作った物が発する「音」が無くなるからかもしれません。

世界有数の先進国なのに、こんな時間と空間が残っている不思議を、いつも「幸せ」な気持ちで楽しく過ごす事は、本当に贅沢な事だと思っています。

皆さんも「馬籠フィールド博物館」をどうぞお楽しみ下さい。

P1050660

P1050721

P1050682

 

 

お問合せ・ご相談を承ります。お気軽にご連絡ください。

Honda Dogにも掲載されています!

世界に響く木曽の木地師の技

このページのトップへ
馬籠館

馬籠館 〒508-0502岐阜県中津川市馬籠4571-1 
TEL:0573-69-1111 FAX:0573-69-2746 お電話対応時間/9:00~17:00 年中無休