馬籠宿の観光の際のお食事、軽食、お土産は馬籠館へお越しください。駐車場完備。

スタッフブログ

クアリゾート湯舟沢
2014年03月06日

冬将軍舞い戻る。

恵那山の標高の高い所は再び深い雪に覆われ、吹く風は冷たく、夜になって気温は既にー5度程です。

ウー寒い・・・とうめきながら再び厚手のダウンコートに包まって、凍えない様にしながら温かい場所を探します。

やはりこんな日は馬籠宿の散策の後、夕方になって家路に向かう途中でゆっくりと温泉につかりたいな、と思う方もいらっしゃると思います。

 

馬籠宿から一番近い温泉は、馬籠宿から車で5分程の「中津川温泉 クアリゾート湯舟沢」で利用料金は800円です。

湯質はナトリウム-炭酸水素塩温泉。

ちょっと塩味でラドン成分も含まれていて、お湯につかると濃い湯質成分でぬるりとした感触ですが、湯上がりはお肌すべすべの感じになって、乳液をつけなくてもかなりいい感じのお肌になります。

フィンランドサウナや露天風呂、かなり水圧と水量が強い打たせ湯、そして水着着用で利用するバーデンゾーンもあります。

夜10時まで営業しているので(受付は午後8時30まで)夕方まで馬籠宿でゆっくりした後に「気軽なお湯」に入りたいな、中仙道歩いて汗かいたから、ちょっとシャワー浴びる感じの温泉ないかな?と思った時に手軽に利用できる場所です。

 

馬籠宿のロケーションは下呂、木曽、園原といった出湯わき出す名湯の地にも近く、1泊2日や2泊3日の小旅行の行程で組み込み易い位置にあり、道中の行き帰りで昼食や休憩の取り易い場所にあります。

また、各地への道中の荒々しいまでの自然の美しさは、江戸時代に中仙道や木曽路、清内路を旅した旅人が目にした風情そのものとも言えます。

 

馬籠周辺ではやっと蠟梅の花が満開になり、日だまりでは梅の蕾が色付き始め、椿の花がほころび、コブシの蕾や柳、ユキノシタの枝先が少し緑色を帯び始めました。

春の草花の響宴の始まりももうすぐです。

今年の春の旅行は昔ながらの静かな日本の春景色を楽しめる馬籠宿から始めませんか?

P1030852

P1030874

P1020895

 

 

 

お問合せ・ご相談を承ります。お気軽にご連絡ください。

Honda Dogにも掲載されています!

世界に響く木曽の木地師の技

このページのトップへ
馬籠館

馬籠館 〒508-0502岐阜県中津川市馬籠4571-1 
TEL:0573-69-1111 FAX:0573-69-2746 お電話対応時間/9:00~17:00 年中無休